ゴーブログ【ORDINARY PERSON】

ガジェットやテクノロジーが好きです。ジョーブログとは一切の関係がありません。おそらくブログ名はのちに変更します。

【2017年】今年劇場で観た映画まとめ【俺的ベスト3あり】

f:id:gogogongon:20180101000030p:plain

2017年もそろそろ終わりということで1年の振り返りをやってみようと思ったのですが、まとめてやるとカオスになると察したので特に大好きである映画だけ振り返ってみます。

今回は家で観た作品は除き、劇場で観たもののみ振り返ってみます。理由は二つほどありまして、一つは数が増えすぎてしまうから。もう一つは劇場と家とでは印象が違いすぎるからです。例えばスターウォーズなんかは家で観ても面白さ半減ですし。

後半でよかった映画ベスト3と感想を書いているので最後まで見てもらえると嬉しいです。

とりあえず列挙してみるとこんな感じに。

  1. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  2. ドクター・ストレンジ
  3. 『フレンチ・ラン』
  4. キングコング 髑髏島の巨神』
  5. 『グレートウォール』
  6. ラ・ラ・ランド
  7. ワイルド・スピード ICE BREAK
  8. ラ・ラ・ランド』(2回目)
  9. 美女と野獣
  10. ラ・ラ・ランド』(3回目)
  11. ラ・ラ・ランド』(4回目)
  12. 『22年目の告白 ー私が殺人犯ですー』
  13. パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
  14. ハクソー・リッジ
  15. 銀魂
  16. 『君の膵臓をたべたい』
  17. スパイダーマン:ホームカミング
  18. 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
  19. ダンケルク
  20. ベイビー・ドライバー
  21. ラ・ラ・ランド』in concert(5回目)
  22. アトミック・ブロンド
  23. ブレードランナー 2049
  24. ゲット・アウト
  25. マイティ・ソー バトルロイヤル
  26. 『gifted/ギフテッド』
  27. ジャスティス・リーグ
  28. IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
  29. 希望のかなた
  30. オリエント急行殺人事件
  31. スター・ウォーズ/最後のジェダイ

計31回、27作品観ました。TOHOシネマズさんには非常にお世話になっております。鑑賞ポイントとマイレージ貯まりまくり。てか一回1,500円とすると45,000円も使っていたとは…驚き…

洋画と邦画の割合でいうと9:1くらいです。決して邦画が苦手なわけではないのですが、「劇場で観たい!!」ってなる作品は洋画が多いので自然とそうなりました。

気になった話題

Marvel Cinematic Universeの勢い

MCU(Marvel Cinematic Universe)作品は『アイアンマン』から16作品全て観ていますが今年だけで3作品もあったとはびっくり。興行成績も破竹の勢いです。

なんといっても大人のシガラミを越えてついにスパイダーマンが参加したのが胸熱です。『スパイダーマン:ホームカミング』は以前の2シリーズとはまたガラッと設定も変わりましたが面白かったです。キャラクターがMCU向きな感じしますね。

ライバル(?)のDCUもついに始まった感ありますね。『ジャスティス・リーグ』観ましたが普通に面白かったので次回作からも期待です。

アカデミー賞で前代未聞のトラブル

作品賞の発表で前代未聞のトラブルがありました。もっとも注目を集める作品賞の発表において、なんと受賞する作品を誤って発表してしまうというありえない事件です。間違えて発表された『ラ・ラ・ランド』は大本命と言われていただけにいっそう衝撃的な出来事となってしまいました。

ラ・ラ・ランド』プロデューサーの臨機応変な対応とライアン・ゴズリングらの好意的なコメントによって救われましたが多方面非常に気の毒だったのでもうこんなことは起きて欲しくないです(笑)

2017年個人的ベスト3

自分的に良かった3作品を紹介してみようと思います。ネタバレはなるべく避けて。

第3位 『ブレードランナー 2049

前作のファイナルカット版を予習してからの鑑賞でした。

35年の時を超えての続編ともあって前作からの繋がりには興奮せずにはいられませんでした。(ネタバレになるから言えない…)

そしてライアン・ゴズリングは名優だと確信しました。無表情系の演技上手すぎです。

第2位 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

映像の迫力、キャラクター、ストーリー、シリーズ他作品への繋がりなどどれを取っても素晴らしかったです。
特にストーリーの切なさには心を打たれ、SWシリーズで唯一感動しました。

この映画を観た当日にエピソード4を観直しましたし、SWシリーズ自体がより好きになれる作品でした。

第1位 『ラ・ラ・ランド

圧倒的第1位。脚本、音楽、映像、演技とすべてが最高。こんなに隅々まで琴線に触れる作品は初めてです。映画館で4回、シネマ in コンサートで1回、+α観ていますが何回観ても惚れ惚れします。

(以下若干ネタバレ入ってるかもです)

【脚本】
チャゼル監督の1番の持ち味はなんと言っても衝撃のラスト。セッションと同じく最後に想像を超えてくる。
いわゆる西海岸のイメージ通り、いちいちユーモラスで洒落っ気のある台詞がたくさん。特にセブとミアの会話は何度見てもニヤニヤしてしまう。

【音楽】
サントラを何百周聴いても全く飽きない。ミュージカル映画ということもあり音楽とストーリーは一心同体なので、曲ごとにそのシーンが頭に浮かび上がる。
そしてシーンに合わせて巧妙にBGMが作られている。例えばセブとミアが二人でハリウッドのスタジオ内を散歩するシーン。おばが女優だったと話している時に流れている"Bogart&Bergman"という曲は最後のオーディションの曲をサンプリング(?)している。

【映像】
ジャケットにもなっている夜の深い青紫色や淡い夕暮れの色など空の色が非常に美しい。映像だけでも観ていたくなる。
そして長回し風のシーンも印象的。共同生活をする4人がパーティーに向かうところから男性がプールに飛び込むシーンまでに多用されていて臨場感がすごい。

【演技】
主演の二人は本当に名演だったと思う。
ミアのコミカルな役はエマ・ストーンにぴったりだった。元々エマ・ワトソンで話が進んでいたそうだがエマ・ストーンで良かった。
そしてライアン・ゴズリングに儚げな演技をさせるとスーパー。特にラストシーンの二人が目を合わせるシーン。あの絶妙な間での絶妙な表情は様々な解釈を与えそうだが本当に上手い。

他にもセッションを思い起こさせるJ.K.シモンズの使い方や細かい情景描写など言いたいポイントは枚挙に暇がないほどある…

 

とまあこんな感じでした!(雑)

 

2018年は?

1/5公開の『キングスマン:ゴールデン・サークル』を皮切りにMCU作品や『グレイテスト・ショーマン』など期待作が盛りだくさんなので来年も楽しみです。

来年は今年以上に映画館で観たいと思います。では良いお年を